性病の検査や治療|胎児を良い環境で育てるためには|葉酸のサプリの効果

胎児を良い環境で育てるためには|葉酸のサプリの効果

性病の検査や治療

看護師

性病患者の増加

婦人科は婦人科系疾患を扱うだけでなく、性病の診察も行われています。性病は、性行為によって感染する病気であり、男性にも症状があらわれます。しかし、自覚症状がない性病が多いので、気づかないままの人も少なくありません。大阪にある婦人科では、性病の検査や治療を積極的に行っているため、疑いのある場合は早急に診てもらう必要があります。この性病患者の数は、近年は10代から20代を中心にした若い男女を中心に増え続けています。性病は性器だけでなく、口腔内にもできてしまうこともあるので注意しなければいけません。感染していることに気付かずに他の人との成功を繰り返すことで、どんどん感染者が蔓延していっている状況です。感染の予防は必ず避妊具をつけなければいけません。しかし、感染してしまった場合は、治療を受ける必要があります。症状がなくても、思い当たることがあれば定期的に検査を受けていくことが大切です。大阪の婦人科では受診しやすい体制に努めているため、抵抗がある場合でも問題なく受診ができるようになっています。

検査と治療

婦人科で行われる性病の診察とは、まず膣内から粘液を採取して検査にかけます。結果が出るまでに時間がかかるので、それまでの処置としてかゆみや痛みがある場合は薬が処方されます。後日再診をして、検査結果から判明した性病に適した治療が行われていきます。性病にはいろいろな種類があり、代表的なものにクラミジアや淋病が挙げられます。他にもヘルペスや尖圭コンジローマがあり、この2つは陰部に水泡や小さなイボがたくさんできたりします。そして、トリコモナスやカンジダは性行為以外からも感染や発症してしまう可能性があります。おりものの微妙な変化や、かゆみや痛みを伴うなどさまざまな症状があるので、それにいち早く気づかなければいけません。大阪の婦人科で行われる治療は、抗生物質が処方されたり、かゆみや痛みをを抑える軟膏で症状を治していきます。イボができてしまったら、手術で切除していく必要があります。こうして症状が治まり、感染させてしまう可能性も低くなります。ただし、性病の中には再発するおそれのあるものもあるので、大阪の婦人科でも定期的に受診することが勧められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加