妊娠中の食事を気をつける|胎児を良い環境で育てるためには|葉酸のサプリの効果

胎児を良い環境で育てるためには|葉酸のサプリの効果

妊娠中の食事を気をつける

レディ

胎児と母体に必要な食品

妊婦さんが、妊娠中に必要な栄養素はたくさんあります。しっかりと摂取して、胎児が順調に成長するようにしましょう。しかし妊婦さんは食べすぎて太りすぎないようにしなければなりません。体重が増えすぎてしまうと、妊娠中毒症になる恐れがあります。胎児の発育に影響したり、妊産婦の死亡の原因にもなるので気をつけましょう。妊娠中毒症にならないためにも、高たんぱく低カロリーを心がけるようにしましょう。通常の妊婦に必要なエネルギー量、栄養素の摂取量をもとに管理を行うようにします。たんぱく質、カルシウム、カリウムの栄養素を効率よくとるようにしましょう。白身魚や豆腐や牛乳も効果があるでしょう。利尿をうながしむくみをとるスイカやジャガイモもおすすめです。

調理法を工夫する

妊婦さんが体重をコントロールするには、どの程度の栄養量を摂取したら良いかしっかり理解しておきましょう。また無理がない程度に、摂取したカロリーを消費することも心がけると良いでしょう。低カロリーの食事にするためには、調理方法を工夫するようにすると良いでしょう。肉類を摂取するときは、鶏肉、豚肉、牛肉とカロリーの低いものから選ぶと良いでしょう。また皮がついていたらそぎ落として調理するようにしましょう。メインディッシュは、肉類よりも魚介類がおすすめです。とくに貝類などにはミネラルもたっぷり含まれます。その他にも野菜類やキノコ類をたくさん使うようにしましょう。妊婦さんは、血液量が増えるためにふだんより多く鉄分をとるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加